すごく簡単便利に、しかも安く野菜を料理に使う方法

野菜の相場が高騰しているとどうしても新鮮な生野菜を買うのを躊躇してしまいます。けれども、野菜は食物繊維豊富で食事の中心にしなければならない大事な食材。可能な限り、多品目をメニューに加えたいものです。

そこでオススメなのがカット野菜の詰め合わせ。スーパーの青果コーナーでよく取り扱われていますが、100円から200円の価格帯でもやしを始めとしてキノコ、人参、キャベツ、その他の野菜がカットされた状態で詰め合わせになっているものです。
そのまま野菜炒めの材料としても使えるので、関連商品として中華のあんかけやソース等も一緒に陳列されていることがありますね。

この野菜の詰め合わせは、実は年間を通して価格が変わらないのです。相場に左右されない加工品の扱いですから、必要十分な量が既にカットされた状態で手に入れることができるわけです。

ではこのカット野菜をどのような食材に使うか。そのまま野菜炒めでも構いませんが、味噌汁の具、スープの材料、茹でておひたしにするなど応用はいろいろ考えられます。

ここから先は、調理するあなたのアイディア次第というところでしょうか。すっぽん小町 ドラッグストア