安室奈美恵のラストコンサートに行ってきました

強運のせいか、75万人動員のツアーに510万人応募したけど二回も見に行けて幸運でした。
ツアーファイナルは、多くの芸能人も見に来ていたようです。
実際に見かけたのは、モデルのヨンアでした。
華奢で身長がそんなに高く見えなかったですが、可愛さと綺麗さとしては、抜群でした。
激かわでした。

しかし、安室奈美恵の脅威のパワーと可愛さとかっこよさは、本当に尊敬とかっこいいの一言でした。
9歳の時に出会って、CDを買って、そこから私の青春は始まったように感じます。

長いツアーの最後ということで安室ちゃんも終始達成感と幸せに満ちていて良かったです。
嬉しそうな笑顔と最後に喋った言葉が涙ぐんでいて、5月に行った時も泣いてたので、それだけ大切なかけがえのない25年間だったんだなと思いました。

一時代が終わるのがとても辛くて、悲しいですが、安室奈美恵さんのこれからの人生が幸せであるように祈るばかりです。
本当にお疲れ様でした。
いつまでも私のヒーローです。http://pmpmedios.com/entry14.html

望まれる治療法 傷が自然に治るようにガンも治ってほしいですね

ガンの治療と言えば、物理的にその部分を切り取る手術、その部分を焼いてしまう放射線治療やまさに毒となる薬を飲んでガンを死滅させる抗がん剤治療がありますが、いずれも体への負担が大きく本来の治療と言えるか疑問の所もあります。

出来るならば、傷が自然に治るように自分の体に備わった力を利用した治療法の開発が望まれます。

風邪をひいた時、風邪薬を飲むこともあるでしょうが、それは症状を改善するだけであって、風邪そのものを治すものではありません。
風邪を治すのは、自分が持っている免疫機能なのです。

風邪をひいた時の様に、ガンに伴う症状を抑えながら自然に治す方法が最も良い治療法ではないでしょうか。

ガンも体にとって異物なので、免疫機能をフルに発揮させてこれを退治することができてもよさそうですが、ガン細胞には免疫が発揮できないようにする機能が備わっているため、通常では免疫機能によってがん細胞を死滅させることができないようです。

このガン細胞が持つ免疫から逃れる機能を明らかにし、それに対応する薬としてオプジーボが開発されています。
まだ、副作用、多くの人に効果が出ないなどの問題点はあるようですが、自分の持っている免疫機能をフルに発揮してガンを死滅させる方法の一つと思われます。

今後、さらに自分自身がもつ免疫機能がフルに発揮できるようなガンの治療法、体に負担のない治療法が開発されてほしいものです。